• @kmkstudio / かみき

とうとうバズーカを購入してみた。Sony SEL200600G!どう運ぶ?


はい、購入してしまいました。

Sonyの超望遠レンズSEL200600G、FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSSです。

この写真はレンズにα7RIIIをつけた状態(もうカメラがおまけ的な大きさ…)です。


以下、購入に至る言い訳です。


野鳥撮影は、散策しながらの身軽な装備で撮影を行いたい!という思いから、SonyのSEL70350Gとα6600の換算焦点距離525mmの軽量システムを活用しています。

※ニコン使いだった頃は、タムロン、シグマの150-600mmの超望遠レンズを検討していた時もありましたが、約2kgという重さ(カメラを含めると3kg弱)を散策しながら振り回す勇気(と気合)はなく、ライトバズーカ(100-400mm)を使っていました。


ただ、いかんせん小鳥を綺麗に解像感高く撮影できる距離が体感で3~6mぐらい(個人的な感覚です)という印象でしたので、換算焦点距離900mmへの憧れがどんどん湧いてきて、『そうだよね。一度はバズーカレンズを使ってみてからの、やっぱり軽量システムのが楽でいいよね!と納得してこそブログでも説得力があるよね!』という心の声が木霊して、大人(野鳥撮影人)の階段を登ってみることにしました…。


まだ届いたばかりで野鳥撮影にも行けていませんので、今回は購入後にそういえば!と悩んだ『どうやって持ち運ぼう!?』という観点から、検討の結果購入した鞄を紹介していきます。

※同じように悩んでいる人もいるだろうと…。

購入した鞄は、

amazon | HAKUBA (ハクバ) プラスシェル リッジ03 ショルダーバッグ L SP-R03SBLBK

というショルダーバッグタイプの鞄になります。


もともとは筒形の鞄を探していたのですが(これまで使っていたものが便利で楽だったので)、さすがにSEL200600Gが入るようなものが見つからず、一応ネット検索で見つけたものもお値段が数万円もするようなものばかりでしたので、あきらめて今回購入したタイプの鞄になりました。


上記の写真はSEL200600Gにα6600をつけた状態で、見た目ぴっちりのギリギリのサイズになります。 もっと大きめの鞄も他にはあったのですが、あまりにも鞄が大きくなるとそれはそれでじゃまで持ち出すのが億劫になるのではないか?とギリギリを狙ったサイズで選んだ結果になります。

※なんとか入ってほっとしています。クッション性も高いのでレンズとカメラを安全に運べそうです。


α7RIIIをレンズに取り付けた場合の収まり感の写真になります。

ちょっと鞄が左右に膨らんでいるのが分るでしょうか?

このサイズになると少し窮屈になりますが入ることは確認できましたし、窮屈で取り出しにくいということもありません。

※ただレンズキャップが淵にひっかかって外れてしまうことがあったかな。


あとは、実際に野鳥撮影に持って行っての使用感ということになりますが、これはまた後日に報告したいと思います。

※野鳥を見つけるたびに出し入れするのがいいのか、一度出したらカメラとレンズをそのまま担いで歩き回るのが楽なのかなど…。


この鞄の注意点として、ある程度の高さがあるのですがその有効利用方法が今のところ浮かびません。

このようにマジックテープを使った仕切り板(付属しています)で床を作ってレンズをその上に置いていますが、実はその仕切り板の下に8cmぐらいの高さの空間があります。


その空間に物を入れることも可能ですが、取り出すときに仕切り板のマジックテープを剥がして取り出す必要があり、普段は利用しないようなものを入れておくには便利そうですが、頻度の高いものを入れておくには面倒そうです。

※レンズとカメラを取り出さないと、その下のものが取り出せませんですし。


仕切り板を外してカメラとレンズを底にしまう方法も可能ですが、ある程度の深さがあるので取り出しにくくなりそうですし(サイズがきっちりギリギリなので)、その上の空いた空間の使い道がなさそうです。

※ものしまうと、カメラとレンズを出し入れするたびにそれらをどかす必要がありますもん。


結局、この巨大なレンズとカメラを運ぶために購入した鞄ですし、財布や他のカメラや交換レンズなどはリュックタイプの鞄に入れて背負って歩きますので、こちらの鞄には極力他には何も入れないで軽くする方針で利用しようと思っています。


そういう意味では、横幅はこれぐらいのサイズ感で高さ(や奥行き)を抑えた鞄があれば、よりベストだったかなとは思います。


一脚は、このように鞄の上に収納することが可能です。

でも今使っている一脚がここまで重いシステムを想定していないときに購入しものですので、実際の使用で耐久度的に問題ないのか?などは、後日実際に使ってみて検証していきちと思います。


ちなみに一脚があるのとないのとでは、自宅で試写した限りでは全然取り回しのしやすさ、楽さが違いますね。手持ちだけではおそらく厳しいと思います…。

今回は以上になります。

参考になりましたでしょうか?


早く実践フィールドに出かけての野鳥写真を撮ってみたいものです!

12回の閲覧