• @kmkstudio / かみき

山田池公園の散策野鳥撮影日記、その参

更新日:2020年1月17日

山田池公園の散策野鳥撮影日記、その壱はこちら

山田池公園の散策野鳥撮影日記、その弐はこちら

いよいよ 津之木山までやってきました。この時期はいい感じに木々の葉も落ちて開けていて、野鳥の鳴き声も周りからたくさん聞こえてきます。デジカメと大砲レンズを三脚に設置したおじさんたちの姿も結構見かけます。 ※そういえば、女性で大砲レンズを抱えた方を見かけたことがないですね。夫婦で男性がデジカメ、女性が双眼鏡を持って楽しく野鳥観察をしている方はたくさん見かけます。 今回は、おじさんたちが先にカメラと三脚を設置しているところでした。 ※あとで教えてもらったのですが、珍しい鳥のキレンジャク、ヒレンジャクが20羽ほど飛来してきているということで、追いかけているようでした。 (そういう情報は、野鳥愛好会?みたいなもので交換しあっているんでしょうかね?) おじさんたちがカメラや三脚を設置しているところをじゃましないように、先のもう少し開けたところで、野鳥撮影を狙いに移動していきます。

ちなみに、前回紹介した水生花園の池のほとりにある登り階段から、津之木山へ歩いていきます。 ※山といっても、少し小高い丘程度の高さですよ。






おじさんたちが構えていた場所を先に進み、少し開けたところに出てきました。奥に見える看板には、『この公園内でのゴルフ練習の禁止』と書かれています。小鳥の鳴き声やヒヨドリの鳴き声がたくさん聞こえてきますので、日差しの方向も確認しつつ位置取りをして野鳥撮影に備えます。 ※手持ち撮影主体ですので、三脚とかは使わずに片膝たてて低い体勢をとったり、木の幹に寄りかかったりしながら、野鳥撮影をしています。


ISO200, 350mm, F8, 1/500秒, トリミング

シジュウカラ。木の実をつついているのでしょうか?じっとしていれば近くに寄ってきてくれますので、撮影チャンスはなかなかに多いです。 ※小枝が多いので枝被りをしてしまいがちですが…。

ISO250, 350mm, F8, 1/500秒, トリミング

シジュウカラちゃんもう1枚。シジュウカラは雄雌同色だそうですので、性別が見た目では判断できませんね。野鳥専門家なら写真見ただけでわかるのでしょうか…。


ISO800, 350mm, F8, 1/500秒, トリミング

コゲラもやってきました。シジュウカラやメジロは、まとまってやってきてはすぐにどこかに飛んで行ってしまう印象ですが、コゲラは単独で見かけるのが多い気がしますね。コンコンコンと木をつつく音が周りに響いています。 ※野鳥撮影にハマる前は、そんな音を気にかけることもありませんでしたね。

ISO1250, 350mm, F8, 1/500秒, トリミング

コゲラちゃんをもう1枚。曇り空が晴れてきて青空が広がってきたのですが、この木はちょっと奥まったところにあったのでISOが高めになってしまっています。 ※フルサイズカメラならもう少しノイズ感の少ない写真になるのかなぁ…。


ISO500, 350mm, F8, 1/500秒, トリミング

メジロもやってきました。木の蜜を吸いに来たような印象です。

ISO500, 350mm, F8, 1/500秒, トリミング

メジロもう1枚。 撮影設定は、AF中央スポット1点、連射モード、サイレント撮影にしています。また、ピント位置を拡大してピントが合っているかどうかの確認をしつつ撮影を行っています。 ※ピント位置拡大中に小鳥に動かれるとすぐにファインダー外に出て見失ってしまうので、ピント拡大をやめて追いかけてまたピント位置拡大するという、なかなかにせわしい撮影操作になっています。 そうそう、少しでも解像感を高めるためにF値は開放ではなくF8にしています。その影響でISO感度があがってなかなかに難しいです。


ISO125, 350mm, F8, 1/500秒, トリミング

ヒレンジャク(しっぽの先が赤いので)です。初めて撮影することができました!ただ、残念なことに盛大な枝被り…。遠かったのでシメだ!と思って撮影していたのですが、さきほどのおじさんたちがやってきてキレンジャクか?みたいな感じで聞いてこられまして、初めて聞く名前だったので撮影したこの写真の画像をカメラの液晶で見せてみると『お!きてるきてる!どこやどこや?』という感じで探している感じでした。 結果、大きな大砲レンズや三脚を移動させてきて撮影チャンスを狙っておられました。 ※三脚移動とかでいったん逃げていったんですが、すぐに戻ってきたようです。  宿り木みたいなものが木の上の方にあって、そこに飛来してきているようでした。

ISO125, 350mm, F8, 1/500秒, トリミング

ヒレンジャクをもう1枚。印象的なトサカが枝に隠れている…。あと、木の高い位置に留まっていましたので、背中や羽などの印象的な柄を撮影することはできませんでした。


シメ。









シメの正面ドヤ顔。









ヒヨドリ。暗かったのでかなり明るくしています。









ツグミ。枝被りがすごい。よくピントあったなぁ…。









可愛いスズメのお尻ちゃん。全然こっちを向いてくれませんでした。








シメやヒヨドリ、ツグミ、スズメがいましたが、どれも遠かったり枝の中にいたりして、なかなかバシ!っと決まった写真を撮影するこができませんでした。エナガも飛んできていましたが、動きが速すぎて捉えることができずにそのまま飛び去ってしまいました。


結構な時間を津之木山で過ごしましたが、ヒレンジャクの出会えたのが最大の収穫でしょうか。 ※これから野鳥撮影を続けていけば、もっといい感じの写真が撮れる日がくるのかな!? 津之木山を下りて、山田池の水辺広場の方向へ移動していきます。それでは次回!


散策地 山田池公園 | 大阪府枚方市 府営公園
撮影機材 amazon | ソニー SONY ミラーレス一眼 α6600 ボディ ブラック ILCE-6600 amazon | ソニー SONY 標準ズームレンズ E 70-350mm F4.5-6.3 OSS
風景撮影機材 amazon | ソニー SONY フルサイズミラーレス一眼 α7RM3 ボディ ILCE-7RM3 amazon | タムロン 17-28mm F/2.8 Di III RXDF(Model:A046)
42回の閲覧

最新記事

すべて表示