• @kmkstudio / かみき

山田池公園の散策野鳥撮影日記、その壱

最終更新: 2020年1月17日


大阪府枚方市にある山田池公園です。こちらは、北出入口付近になります。 普段から車で行きますので、こちら側の第1(北)駐車場に向かいます。 ちなみに、BBQ広場もあって、そちらは第2(南)駐車場に向かうのが吉です。 ※こちら側からは、山田池や野鳥観察スポットには近いのですが、BBQ広場へは歩くとかなり遠いです。


こちらが第1(北)駐車場入り口になります。ちなみに有料です。 ※年末年始だけは無料開放しています。(好きなだけ野鳥撮影するチャンス!?)


BBQされる方は第2駐車場へ!!

愛車のマツダデミオ。 ※マツダ2に名前が変わりましたね。 第1駐車場は東西に広いのですが、普段山田池を時計回りに散策する時は、写真奥の2号トイレの近くに停めています。 ※今回は、公園入口を撮影するために駐車場入り口付近に停めました。



今回も時計回りに山田池の周りを散策しながら野鳥を探して撮影していきますので、2号トイレの近くから公園に入っていきます。 ※写真は、2号トイレ付近にある総合案内板です。マナーを守って楽しく野鳥撮影や観察をしましょうね!

総合案内板










2号トイレそばの階段を下りていくと、山田池の周りを時計回り、反時計回りの分岐になりますので、普段と同じ時計回りを選んで歩いていきます。 ※写真左側の道を進んでいきます。





ちなみに右側が山田池となっていますが、左側からも少しあるけばすぐに山田池のそばに出ます。 梅雨の時期、6月ごろに開園される花菖蒲園やアジサイを観に行きたい場合は、看板にある通り左側(時計回りルート)を進みましょう。


このような感じの道を進んでいきます。すでに周りから野鳥の鳴き声がいろいろと聞こえてきますが(目立つのはヒヨドリかな?)、木々も高く1月でも葉が茂っていて薄暗いので、ここで野鳥を撮影するのは至難の業です。(というか、見つけられない…)

道なりを進んでいくと少し登坂になっている先にいよいよ山田池が見えてきます。 ※道案内にはこの先水生花園と書いてありますが、ここからではなかなか遠いですよ。 この写真の左側には、危険なキノコ『カエンタケ』に注意って看板があるのですが、通るたびに探してみても見つけられないです…。 ※もし見つけたら、すぐに公園管理事務所に連絡を!


登坂を抜けると、いよいよ山田池が見えてきました! ちょっとだけ写真の右側に見えている建物が浮見堂という建物で、そこから山田池に飛来してくる野鳥やサギ類や鴨類が観察できます。 ちなみに、浮見堂はこの位置から池の対岸側にあるので、かなり歩かないといけないです。 ※ミラーがあって注意!となっていますけど、基本車は通れないので管理事務所の軽トラ用かな?

このあたりに野鳥観測場という看板があり、総合案内板にもそう書かれているのですが、このあたりで野鳥を観測している人を見かけたことがないです…。







山田池の北側の湖畔の道を散策しながら野鳥を探しつつ、この季節(1月)は木の葉も落ちて枝だけになっているので、野鳥が見つかれば撮影していきます。 ちなみに午前中ですと、進行方向の東側から太陽が照らしていますので、野鳥撮影する場合は逆光にならないように、ある程度進んでから振り返って撮影しています。

もう少し進んでから振り返るとこんな感じ。この日は、この辺りでは野鳥に遭遇できませんでした。








山田池を南側方向に見た写真。ちょこちょこ釣りをしているおじさんを見かけます。 ※釣りは、ここだけではなくて山田池周辺いろいろなところでされています。 中央少し右に浮見堂が見えます。

あいにくの曇り空。(この日はこの後だんだん晴れてきて、野鳥撮影日和になりました!) サギや鴨さんが浮見堂周辺などにたくさん居るんですが、この日はその周辺ではあまり見かけませんでした。


ISO3200, 350mm, F8, 1/500秒, トリミング

ようやく、この日最初の野鳥撮影に成功しました! ジョウビタキの雌です。まだまだ曇り空で暗かったので、ISO感度がかなり高くなってしまいノイズの多い写真となりました。 ※カメラの基本設定として、白トビしないように普段から露出補正を-1ぐらいに設定しているので、余計に暗かったかもしれません。また、最近はjpeg撮って出しが多いです。 (ほとんど使わないですが、α6600にもある超解像度2倍ズームを使う時のために)

ISO3200, 350mm, F8, 1/500秒, トリミング

同じ木にコゲラもやってきましたので、撮影しました。(雄かな雌かな…) やはり暗い条件だったのでノイズはかなり厳しかったのですが、撮影距離が結構近かったのでそこそこ解像感ある感じに撮影できたかなと思います。


上記のジョウビタキとコゲラは、この木にやってきました。









さきほどの木の反対方向あたりは、このようになっています。 写真中央の柵は通り抜け禁止になっているのですが、その先には普段サギ類がたくさん並んで休んでいたります。(この日は居ませんでした) ちなみに、この柵付近の木々には結構小鳥がやってきます。なかなかの小鳥の撮影スポットです。

引き続き、柵そば東側あたりの風景。山田池の東端になります。 普段ここも池の水で満たされているのですが、冬場は水が抜かれているようです。 そして!!この池の水が抜かれた沼地に、ジョウビタキが水浴びにやってきていました!

ISO400, 350mm, F8, 1/500秒, トリミング

ISO500, 350mm, F8, 1/500秒, トリミング







ISO320, 350mm, F8, 1/500秒, トリミング







ISO320, 350mm, F8, 1/500秒, トリミング

※空き缶を池に投げ捨てちゃダメですよ!

ISO400, 350mm, F8, 1/500秒, トリミング

全体的にISO感度は低かったんですが、まだまだ光が弱く暗かったので全体的にはノイズ感がありますが、水浴びしているジョウビタキがすごく可愛かったです。(動画も撮ればよかったな…) ※あれ、もしかして…さきほど木で撮影した個体だったのでしょうか!?

ISO400, 350mm, F8, 1/500秒, トリミング

近くにいたアオサギ。アオサギやシラサギは、この辺でもよくエサを採っていますね。 あと、このあたりによくヌートリアという害獣指定されているらしい大きなネズミを見かけます。池の水があるときは泳いでいたり、今のような沼地のときは日向ぼっこしていたりしていますね。


そして、この先の散策と野鳥探しに続いていきます…。


散策地 山田池公園 | 大阪府枚方市 府営公園
撮影機材 amazon | ソニー SONY ミラーレス一眼 α6600 ボディ ブラック ILCE-6600 amazon | ソニー SONY 標準ズームレンズ E 70-350mm F4.5-6.3 OSS
風景撮影機材 amazon | ソニー SONY フルサイズミラーレス一眼 α7RM3 ボディ ILCE-7RM3 amazon | タムロン 17-28mm F/2.8 Di III RXDF(Model:A046)
157回の閲覧