• @kmkstudio / かみき

山田池公園の野鳥たち、2019年12月29日

更新日:2020年1月17日

まずは、スズメちゃんから2枚です。

この時期のスズメなどの小鳥は、モフモフしていてほんとうに可愛いですね。


つぎは、エナガちゃんから2枚です。

エナガは木々での移動が本当に早くて、なかなかバシ!っと決まった写真が撮影できません。練習あるのみですね!


つぎは、メジロちゃんから1枚です。

かなり小さくすばしっこいのでなかなか撮影は難しいですが、蜜などのエサ採りに夢中になっている間は動きが小さくなるので撮影のチャンスですね。


この時は、右の大きな木の幹から流れ出ている樹液らしきものを吸いに来ていたのですが、その樹液がけっこう拡大するとグロい感じで見るに堪えなかったので、トリミングでカットして見えないようにしています。 ※あれなんなんでしょう…。なんか内蔵?みたいな感じ…。


つぎは、セグロセキレイちゃんから1枚です。

ハクセキレイはよく見かけるのですが、ふと写真を整理しているとセグロセキレイちゃんでした。湖岸の岩場を歩きまわっていましたが、静止してくれないのでかっちりと決まった写真は難しいです。この写真も頭部が少しボケてしまっています。


つぎは、シジュウカラさんから2枚です。

なかなか思ったポーズでかっちりと決まった写真を撮ることは難しいです。カメラの連射モードで何十枚も撮影してからピントの合っているいい感じのポーズの写真をセレクトして現像しているのですが、今回のシジュウカラちゃんは残念ながらいまいちでした…。 ※解像感はけっこう出ていると思います。


そうそうスズメ、シジュウカラやメジロなどは、じっとして待っていればそれこそ1mとかの近い位置に留まってくれることがありますが、望遠レンズの最短撮影距離によってはピントが合わなくて苦労することもありますね。


つぎは、コゲラちゃんより2枚です。

コンコンコンって木をつっつく音が印象的です。1枚目と2枚目でたしか撮影場所が違うのですが、2枚目の頭の所に少し赤っぽい色がついています。野鳥図鑑によると雄にだけ赤っぽい羽があるようですので、こちらは雄のコゲラちゃんかと思います。 ※雄でも赤い羽根はほとんど見えないようですね。確かに他の写真で写っているものがありませんでした。


つぎは、シメさんとイカルさんです。

どちらも残念ながらおなか側からの写真になります。木の高い位置に留まっていると、構図的にはどうしてもこんな感じになってしまいますね。背中側の羽毛の感じなども綺麗に撮影してみたいものです。 イカルについては、綺麗な鳴き声で鳴いていました。 こちらのサントリーの愛鳥活動のページで聞くことができます。


つぎは、ヒヨドリさんから1枚です。

目立って大きな声で鳴いていますよね。公園でもすぐにヒヨドリ鳴いているなって思います。結構大きな体のくせして近づくとすぐに飛んで逃げて行ってしまいますので、なかなか綺麗に撮影するのは難しかったりします。 こういう柿の実を食べに来ているときは、メジロなどと同じように撮影チャンスになりますね!


さいごは、ツグミさんから1枚です。

ヒヨドリと一緒に見かけることが多い気もしますが気のせいでしょうか。 特にこれといった印象も感想もなかったりします。ツグミってどんな鳥なんだろう…。


以上になります。 これからも山田池公園で野鳥撮影や鑑賞をしていきたいと思います。


撮影機材 amazon | ソニー SONY ミラーレス一眼 α6600 ボディ ブラック ILCE-6600 amazon | ソニー SONY 標準ズームレンズ E 70-350mm F4.5-6.3 OSS
以下のページへのリンクを使用しております。 サントリーの愛鳥活動ページ
5回の閲覧

最新記事

すべて表示