• @kmkstudio / かみき

山田池公園の野鳥日記、2020年1月19日


ISO100、350mm、F8.0、1/500s、トリミング

今日のMBPです。(My Best Photo)

メジロがほんの2~3メートルくらいまで近寄ってきてくれたので、大きく解像感よく撮影することができました。


ISO125、350mm、F8.0、1/500s、トリミング

こちらはコイカルの雌です。シメやイカルかな?と思って撮影していましたが、あとで図鑑で調べてみるとコイカルという名前の鳥のようでした。この1羽だけ単独でみかけたのですが、近くに雄や仲間もいたのでしょうか…。


ISO160、350mm、F8.0、1/500s、トリミング

ハシビロカモの雄と雌です。浮見堂から撮影しました。今日もおじさんたちが大砲レンズと三脚を据えて山田池に向けていましたが、何を狙っていたのでしょうか…。


ISO200、350mm、F8.0、1/500s、トリミング

ハクセキレイの雌です。山田池の水がだいぶ少なくなっていて、その水辺を1羽で歩き回ってエサを採っていました。図鑑を見る限り冬羽のようですね。

このような場所を歩き回っていました。湖水が多いときは、この場所は水の中になります。

※ソニーのコンデジDSC-RX100M6で撮影しました。今回は野鳥撮影がメインでやってきましたので、風景撮影等はこの小さなコンデジでまかなっていますが、やっぱり小さいは正義ですね。取り回しが楽です。


ISO125、350mm、F8.0、1/500s、トリミング

ISO100、350mm、F8.0、1/500s、トリミング

シラサギとアオサギです。いまだにシラサギの種類の見分けができませんが、たぶんダイサキでしょうか?あと片足で立っていますね。鳥って結構片足立ちをしてますけど、人と違って楽なんでしょうかね…?


ISO125、350mm、F8.0、1/500s、トリミング

シメです。たくさんいました。もう少し近寄ってくれれば解像感よく撮影できたのかなと思います。


ISO100、350mm、F8.0、1/500s、トリミング

スズメちゃんです。少し暗かったのと距離が遠かったので、細部の羽毛が潰れがちになってしまっていますね。もう少し光があればより綺麗に撮影できるかと思います。


ISO200、153mm、F8.0、1/250s、トリミング

白いハトを見かけたので、思わず撮影してみました。ところどころドバトの色っぽいところが残っていますね。

以上になります。

薄暗いところで撮影した写真については、どうしてもノイズが厳しいですね。 ※参考の写真が以下になります。

ISO320、350mm、F8.0、1/500s、トリミング

現像時に露光量だけあげて見やすくしていますが、ISO320で全体的なざらつきが出ていて羽毛の解像感も失われてしまっています。この辺りはセンサーサイズの大きなフルサイズ機で撮影すれば、もう少し綺麗に撮影できるのでしょうか…。

ISO320、350mm、F8.0、1/500s

トリミングなしだとこんな感じです。露光量だけあげて見やすくしています。そこそこ大きく写せているのですが、トリミングすると先に紹介した写真のようにざらつき感や羽毛の潰れが気になってきます。

※この距離であれば、日の光が当たって入れば解像感のいい綺麗な写真が撮れたんじゃないかなと思います。

散策地 山田池公園 | 大阪府枚方市 府営公園
撮影機材 amazon | ソニー SONY ミラーレス一眼 α6600 ボディ ブラック ILCE-6600 amazon | ソニー SONY 標準ズームレンズ E 70-350mm F4.5-6.3 OSS
12回の閲覧

最新記事

すべて表示