• @kmkstudio / かみき

α7RIIIとSEL200600Gで撮る山田池公園の野鳥日記(2020年2月23日)

な・な・なんと山田池公園でレンジャクの大群に遭遇しました!

α7RIII+SEL200600G、ISO160、600mm、f/6.3、1/250s、トリミング

本日のMBP(My Best Photo)は、レンジャクではなくメジロちゃんです。俗にいうウメジローです。お腹のふっくら感や色彩がお気に入りです。やっぱり梅にはメジロちゃんですね!


今日は、梅とメジロを撮る目的で山田池公園に出かけたのですが、一通り撮影し終わっての帰ろうかというところで、カメラを持った人だかりに遭遇。カメラの矛先を双眼鏡で見てみると…なんと!あのレンジャクが飛来しているではないですか。それもしっぽが黄色い!!西日本では珍しいキレンジャク!


その時の写真がこちら。

α7RIII+SEL200600G、ISO100、600mm、f/8.0、1/250s、トリミング

もう帰り支度で鞄に大砲レンズはしまっていたんですが、急いで取り出してレンズ交換して撮影しました。まさかキレンジャクに会えるとは思っていなかったので、本当に今日はラッキーでした。

※数十メートルは離れた木の先端にこの2羽が留まっていました。


でも、レンジャク祭りはここからが本番。この後にヒレンジャクの大群が襲来したんです。

その様子がこちら。

α7RIII+SEL200600G、ISO160、600mm、f/8.0、1/250s、トリミング

もう凄い数です。この写真が全部ではなく、この隣の木にも同様の数のレンジャクが居ました。数に圧倒されすぎて、いったいどこを撮ったらいいのか分からなくなってくるという…。


そして、この遠くの木からカメラマンたちが控える場所の近くにある赤い木の実を食べに飛来しては、すぐに遠くの木に戻っていくという動作を何度も繰り返していました。そして近くに飛来してきたときには、カメラのシャッター音が一斉に鳴り響くという。

※どうも人だかりが多すぎて、エサを食べてはすぐに飛んで去っていく感じのようでした。


その数少ない接近した時にしっかりと撮影できればよかったのですが、何せ大砲レンズ。なかなかしっかりとピントを合わせることができずに撮れた写真は以下のようなものになりましたとさ。


まずはキレンジャク。

α7RIII+SEL200600G、ISO160、600mm、f/8.0、1/250s、トリミング

なんとかピントがあった写真になっていますが、この実の周りが枝が多くピントを持っていかれたり、木の裏側に回ってあまり見えなかったりで、なかなかファインダーにしっかり納めるのが難しかったです。


そしてヒレンジャクはこちら。

α7RIII+SEL200600G、ISO250、600mm、f/8.0、1/250s、トリミング

圧倒的な数の飛来で本当にすごかったヒレンジャク。先月だったかに数羽の飛来に遭遇してなんとか1枚撮影することができたんですが、その時に比べれば今回はより鮮明に撮影できたかなと思います。


なかよく並んでいる様がこちら。

α7RIII+SEL200600G、ISO100、600mm、f/8.0、1/500s、トリミング

図鑑やネットの情報にあるように本当に沢山で飛来していました。圧巻でした。この大群の中に最初に遭遇した2羽のキレンジャクも混ざっていたんだと思うのですが、まったく見つけることができませんでした。2羽だけのキレンジャクを撮影できたのは本当にラッキーだったのかもしれません…。


狙ったわけではないのですが、ホバリングしてるヒレンジャクをゲット!

α7RIII+SEL200600G、ISO100、600mm、f/8.0、1/250s、トリミング

飛行中のものでなんとか見られる写真になっているのがこの1枚でした…。高速シャッターでAF-Cでゾーンエリアあたりで撮影していれば、もっとカチっとしたものが撮影できたのでしょうけど、AF-Sのエリア1点での撮影でしたので、これが撮れたのが奇跡だったのかも。

※他はピント外れていたりブレブレだったりでした。


…ということで、これこそレンジャク祭り!という感じで総撮影枚数1500枚のうち、800枚近くをレンジャクの撮影に費やしていたのですが、実はそれほど見せられるような写真がなかったという、凄くコストパフォーマンスの悪い結果ではありました。


で、冒頭に書きました通り、本当は梅に映えるメジロを撮影に来ていたので、そのメジロちゃんをご紹介していきましょう。

α7RIII+SEL200600G、ISO1000、600mm、f/11.0、1/250s、トリミング

梅が満開になっていました。その中でメジロちゃんが美味しそうに蜜を食べていたので、いつも以上に接近してもあまり逃げられることはありませんでしたね。


ただ、梅の木の中なので枝被りだったり満開の花に隠れて見えなかったり、重い大砲レンズを構えて追いかけるのは思った以上にしんどかったです…。こういう近距離で撮影できる場合は、軽量レンズ(SEL70350Gとか)で素早く追いかけて撮影するのが楽でもっとたくさん撮影できたかもしれません。

α7RIII+SEL200600G、ISO100、600mm、f/6.3、1/640s、トリミング

微妙に曇り空で日の光が出たり隠れたりを繰り返していましたが、こちらは光がうまく入ってくれた時の写真です。ただ、影も出てしまうので曇り空の方が質感的にいい場合もある感じですね。

α7RIII+SEL200600G、ISO100、600mm、f/6.3、1/400s、トリミング

正面に近い写真からも1枚。もっとトリミングしてメジロを大きくすることもできたのですが、すると梅がほぼ見えなくなって梅とメジロというテーマから外れてしまうので、あえて引き気味の構図にしてみました。

α7RIII+SEL200600G、ISO100、600mm、f/8.0、1/800s、トリミング

縦構図になっていますが、ちょうどメジロが後ろにも写っていたのでこういう感じにトリミングしてみました。もちろん撮影は普通に横持ちのままですよ。大砲レンズを縦に構えるなんて僕には無理!


レンジャクとメジロでなかなかお腹いっぱいの感じなのですが、その間にルリビタキにも出会えまして(いつもとは違う場所)、たくさん写真を撮らせてもらいました。そちらも紹介していきましょう。

α7RIII+SEL200600G、ISO640、600mm、f/6.3、1/250s、トリミング

藪の中にいたのですが餌付けされている感じで、僕がじっと待っていると何度も藪から出てきては枝に留まって、また藪に戻っていいう動作を繰り返していました。近づいた時にはほんの3~4mほどの距離まで来ていたと思います。ただ光があまり入らないところだったので暗めだったのが残念です。

α7RIII+SEL200600G、ISO1000、600mm、f/6.3、1/250s、トリミング

動画も撮ったのですが、喉の白いところを何度も膨らませていました。もしかしたら鳴いていたのでしょうか。(撮影に夢中で鳴き声には気づかなかったですけど…)

α7RIII+SEL200600G、ISO1600、600mm、f/8.0、1/250s、トリミング

ちょっと絞ってみたら、ISO感度が上がってしまってますね。この辺りはISO感度をとるか絞って解像感をアップしてみるか悩ましいところ。

※周辺画質でもないですし絞ってもあまり変化なさそうなので、絞るよりはISO感度を下げる方が良さそうですけどね。


それにしても青いオスのルリビタキに会いたいものです…。

※今の山田池公園に居るのでしょうか…。


それでは、残りの写真も一気に公開していきます。

α7RIII+SEL200600G、ISO100、600mm、f/8.0、1/500s、トリミング

目の下あたりが白いのでハクセキレイちゃんです。

※セグロセキレイとよく間違えます…。

α7RIII+SEL200600G、ISO100、600mm、f/7.1、1/320s、トリミング

ツグミさんです。こうやって地面に降りてエサ探しをするっていうのが分かってきました。(そういう姿を何度も目撃していますので。)

そして、近寄ってもあまり逃げませんね!

α7RIII+SEL200600G、ISO1250、600mm、f/8.0、1/250s、トリミング

コゲラちゃんです。どこからともなくコンコンコンって音が聞こえてくるんですよね。そして小さいのでなかなか発見できないという。でも、ベテランカメラマンさん達にはあまり見向きもされていないような印象の子。可愛いのにね。

α7RIII+SEL200600G、ISO100、600mm、f/8.0、1/250s、トリミング

ヒヨドリさんです。基本かっこいい印象が強いですよね。でも、ちょっと騒がしいと。


最後に、レンジャクと可愛いルリビタキの動画も公開です!

キレンジャク2羽です。

レンジャクの大群です。

かわいいルリビタキちゃんです。

以上になります。

今回もD5600を持っていて撮影してみましたが、そちらはTwitter等で公開しております。

あとSEL70300Gも購入しましたので、そちらの検証も今後していきたいと思います。 ※試写した限り、SEL70350Gの方が綺麗だった印象があります…。

散策地 山田池公園 | 大阪府枚方市 府営公園(公式HP)
撮影機材 ソニー SONY ミラーレス一眼 α7RM3 ボディ ブラック ILCE-7RM3(公式HP) ソニー SONY 超望遠ズームレンズ FE 200-600mm F5.6-6.3 OSS SEL200600G(公式HP)

99回の閲覧

最新記事

すべて表示