• @kmkstudio / かみき

手持ちの交換レンズを軽く紹介。交換レンズ日記。

ソニーFEマウントの手持ちの交換レンズを使い分けと共に簡単に紹介していきます。

昨年(2019年)ニコンからソニーにデジタルカメラとマウントを鞍替えして、手始めにAPS-Cシリーズの軽量システムを組んでいました。使ったことのあるのが以下のラインナップ。


デジタルカメラ

  • Sony α6000

  • Sony α6400

  • Sony α6600

交換レンズ

  • Sony SEL1655G

  • Sony SEL70350G

  • Sony SELP1650

  • Sony SEL55210

  • Sony SEL18135

  • Sony SEL1018

  • Sony SEL20F28

  • Sony SEL35F18

  • Sony SEL50F18

  • Sony SEL30M35

  • Sigma 16mm f1.4 DC DN

  • Sigma 30mm f1.4 DC DN

  • Sigma t6mm f1.4 DC DN

こうやってみると定番をほぼ揃えていた感じですね。ちなみに上記を同時にすべて持っていたわけではなく、中古等で購入してみてはあまり使わないということで他のレンズを購入してみたりと、常時手元にあったのは5、6個だったと思います。

※最終的にSEL1655G、SEL70350G、Sigma3兄弟ぐらいに落ち着きました。


ただニコン時代にフルサイズに移行してD750やZ6を使っていたので、軽さは正義とは言え画質等で満足できずに、試しにα7RIIIに手を出したのがフルサイズレンズ沼の始まり…。ということで、現在はすべてフルサイズ用の交換レンズを揃えることになってしまいました。😐

※やっぱり重いのでサブでRX100M6やRX100M7も一時期使っていましたが、画質に満足できずに売却してしまいました。これならiPhoneでもいいかなーと。(特に暗所)


撮影対象は、主に以下の感じです。

  • 野鳥撮影

  • 猫撮影(公園猫、猫カフェ)

  • 風景、スナップ撮影

  • 花などのマクロ撮影

  • テーブルフォト撮影

カメラのハマり具合的には、

野鳥撮影>>>猫撮影・風景、スナップ撮影>>花などのマクロ撮影>>>テーブルフォト撮影

みたいな感じで、野鳥撮影がメインになっています。

※雨などで外に出かけられないときに、暇つぶし?にテーブルフォトで遊ぶ感じ。


ということで、現在の手持ちカメラと交換レンズラインナップがこちら。


デジタルカメラ

  • Sony α7RIII

  • Sony α7RII

  • Nikon D5600

交換レンズ

  • Tamron 17-28mm f2.8

  • Tamron 28-75mm f2.8

  • Sony SEL70300G

  • Sony SEL200600G

  • Sony SEL35F18F

  • Sony SEL85F18F

  • Sony SEL90M28G

  • Nikon AF-P DX 18-55mm

  • Nikon AF-P DX 70-300mm

という感じになります。


用途別の組み合わせとしては、


野鳥撮影

  • α7RIII+SEL200600G

猫撮影(公園猫、猫カフェ)

  • α7RII+SEL35F18F or SEL85F18F

風景、スナップ撮影

  • α7RII+Tamron 17-28mm f2.8 or Tamron 28-75mm f2.8

花などのマクロ撮影

  • α7RII+SEL90M28G

テーブルフォト撮影

  • α7RII+SEL35F18F

のような感じで使用しています。

※カメラについては、α7RIIIを使ったりα7RIIを使ったりする感じになります。


ちなみにα7RIIを購入したのはつい最近で、それまではα6600を使っていました。

α6600は電池持ちもいいしAFも早いし動物瞳AFも凄いしでα7RIIよりも最新型なだけに全然性能が上なのですが、肝心のレンズの性能を100%生かすにはやっぱりフルサイズかなというのと高画素に慣れてしまったり高感度でα6600が凄い良いという印象もなかったので、売却してα7RIIを購入することにしました。

※いずれ、軽量サブ機としてα6400をまた買ってしまいそう…。


それでは、各レンズを簡単に紹介していきましょう。

Tamron 28-75mm F/2.8 Di III RXD(公式HP

標準ズームレンズですね。全域f/2.8と明るいのが特徴のレンズです。寄れるレンズなので、テーブルフォトからスナップ撮影までとっても便利な1本です。


ただ、望遠端になるほどピントが若干前ピン気味になります。特に高画素機で撮影するとそれが顕著に表れるので、ピントをしっかり決めて解像感高く撮影したい場合には、MFでのピントの微調整が必要なのがちょっと難点かなと思います。(個体差もあるかもですが)

※α7IIIなどの2400万画素なカメラではそれほど気にならないかも?

Tamron 17-28mm F/2.8 Di III RXD(公式HP

超広角ズームレンズですね。全域f/2.8と明るいのが特徴のレンズです。ズームしても全長が変わらないインナーズームレンズです。そしてこのレンズも寄れます。


風景等を撮影するには便利な超広角なレンズですが望遠端側が短いので、風景写真と標準域スナップ写真的なものを兼ねるのは難しいかもしれません。ただ、α7RIIIのような高画素機であれば、風景はフルサイズに撮影して標準域のスナップではAPS-Cクロップを活用する感じにすれば使い勝手が良くなるかもですね。(レンズ交換の手間が減らせるかも)

Sony FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS(公式HP

今は野鳥撮影でメインに使っている超望遠レンズです。600mmまでカバーしますので遠い小鳥もしっかりと撮影することができます。難点はでかくて重いこと。そして重いこと。カメラ込みで3kgに近い重量になるので取り回しが大変ですが、この画質に慣れるともう戻れない…。


全長が変わらないインナーズームレンズなので、普段からとっても長いレンズになります。そのため持ち運びが結構大変です。個人的には三脚に据えて撮影とかはしないので、伸びてもいいから収納時にもっと短くなってほしかった。

Sony FE 35mm F1.8(公式HP

寄れる標準単焦点レンズです。ソニー純正で単焦点レンズって寄れないのが多いのですが、こちらは最短撮影距離が22cmとかなり寄れるので、テーブルフォトなんかに重宝するレンズだと思います。猫カフェで猫を撮るのにもいいですね。ただ猫を撮るには85mm単焦点の方が猫に近寄る必要がない分、猫も安心するので使い勝手はいいかもですね。

※狭い部屋では寄れないので厳しいかもですが…。



Sony FE 85mm F1.8(公式HP

中望遠単焦点レンズになります。明るくて画質もいいポートレート向きですが、猫を猫カフェや公園で撮影するにも非常に活躍します。やっぱり焦点距離が長めで猫にそれほど近寄る必要がないので、猫も安心した表情を見せてくれます。

※これが35mmとかだと、猫が意識してしまい中々こちらを向いてくれなくなります。(耳だけこっち向いてるのにね。)


現状では単焦点で一番おススメのレンズとなりますが、今後50mmあたりの単焦点を手に入れたときに、この評価がどうかわるかどうかでしょうね。


そうそう注意点としては当然ですが寄れませんので、このレンズでテーブルフォトまで兼ねようとは思わないことです。かなり離れて撮影する必要がありますので、喫茶店とかでは怪しい人になります…。

Sony FE 70-300mm F4.5-5.6 G OSS(公式HP

フルサイズで望遠レンズとなれば、現状ではこれが定番ですね。他には70-200mmのGレンズとか100-400mmのGMレンズがありますけど、使い勝手(とお値段)的にはこちらがいいかと思います。

70-200mmの方が若干写りがいいそうですが、望遠としては心もとない距離なのとなにより寄れないレンズなので、大きく写すにはかなり使い勝手が悪そうです。


今後発売されるであろうTamron 70-180mm F/2.8 Di III VXDの出来(とお値段)によっては、そちらに乗り換えるかもしれません…。

Sony FE 90mm F2.8 Macro G OSS(公式HP

フルサイズでマクロレンズとなると、ほぼこれに絞られます。(ネイティブEマウントで)

一応50mmでマクロなレンズがありますが評判はいまいちな感じですね。写りはともかくオートフォーカスが遅いようです。

90mmってマクロ領域だけではなくて、風景を切り取るにもとっても使えるレンズなので、このレンズはオートフォーカスもそこそこ速くて汎用的に使えます。ただちょっと大きくて重いのでそういう意味では使うのに気合がいりそうですが…。

以上になります。


単焦点で50mm近くのレンズがないので、Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZAが今後欲しいレンズの筆頭になっています。それで一通りレンズが揃いそう。

※レンズ沼から脱出できる!?


あとは、Tamron 28-75mmが望遠側で前ピン気味なので、SEL24105Gに切り替えるか悩みどころではあります。

※焦点距離的に使い勝手は良さそうだけど、そこそこ寸胴で重いので軽さがオミットされそうで…。

105回の閲覧

最新記事

すべて表示