• @kmkstudio / かみき

Sonyα7RIIIとSEL200600Gで撮る山田池公園の野鳥日記(2020年3月28)

山田池公園で撮影を行った野鳥撮影日記です。(Sonyα7RIIISEL200600Gを使用)

Sonyα7RIII+SEL200600G、ISO200、600mm、f/10、1/250s、トリミング

今回のMBP(My Best Photo)は、桜の中で蜜を吸うヒヨドリです。

あいにくの曇り空でしたが、それが逆に野鳥の体に枝の影などが落ちなくていい感じに撮影できました。


さっそく他の写真を紹介していきましょう。

まずは、引き続き桜ヒヨドリです。

Sonyα7RIII+SEL200600G、ISO320、600mm、f/10、1/250s、トリミング

くちばしが花粉や蜜で黄色くなっていますね。ヒヨドリは大きめの野鳥なので花の中では隠れてしまいなかなか全身をしっかり撮ることができませんが、なんとかチャンスを見つけて撮影してみました。

Sonyα7RIII+SEL200600G、ISO320、600mm、f/10、1/250s、トリミング

蜜吸うヒヨドリです。ヒヨドリからすればかなり小さい花だと思いますが、器用に蜜を吸っていますね。


つぎはシロハラです。

Sonyα7RIII+SEL200600G、ISO500、600mm、f/10、1/250s、トリミング

この日は人も少なく結構自由奔放にしているシロハラに数羽出会えました。かなり近づいても飛んで逃げることはしませんでしたね。

Sonyα7RIII+SEL200600G、ISO1250、600mm、f/6.3、1/250s、トリミング

こちらはいつもの場所にいたシロハラですが、最初気づかずに横を歩いても飛んで逃げることはありませんでした。

※もしかして何度も会っているので慣れてきた!?(同じ個体とは限りませんが)

Sonyα7RIII+SEL200600G、ISO500、600mm、f/10、1/250s、トリミング

シロハラのアップです。近くで撮影できたのと高画素機のおかげで、かなりトリミングしてもしっかりと羽毛の質感が潰れずに再現できていますね。

※これがα7RIVですともっと凄いんでしょうね。


つぎはツグミです。

Sonyα7RIII+SEL200600G、ISO250、600mm、f/10、1/250s、トリミング

ツグミって羽毛の質感を出すのが凄く難し鳥ですよね。他の鳥に比べると同じくらい近づいて撮影しても、なにかモヤっとした感じの羽毛の描画になってしまいます。羽毛が細かいんでしょうか…。

Sonyα7RIII+SEL200600G、ISO250、600mm、f/6.3、1/250s、トリミング

ツグミさんからもう1枚。ブログ用の縮小画像ではそこそこ羽毛がしかり解像しているように見えますが、拡大してみるとやっぱりモヤモヤしています。

※微妙にブレているっていうのもありそうですが。


つぎはちゅんちゅんことスズメです。

Sonyα7RIII+SEL200600G、ISO800、600mm、f/10、1/250s、トリミング

まるまるとしてとっても可愛いスズメちゃんです。巷では台湾のチュンチュンが人気の的ですがスズメのちゅんちゅんだって可愛いんだよ~。(なんてね)

※確かにあのチュンチュン動画は見てしまう…。後ろでなんか野球っぽいことしてるけど。

Sonyα7RIII+SEL200600G、ISO400、600mm、f/10、1/250s、トリミング

桜をバックにしたスズメです。かなり暗く写っていたのを補正で明るく調整しています。もう少し背景の桜がボケない方がシチュエーション的に良かったかな。


つぎはシジュウカラです。

Sonyα7RIII+SEL200600G、ISO500、600mm、f/10、1/250s、トリミング

ちょっと風呂上りのような色気のある?シジュウカラです。水浴び直後でしょうか。この後体を震わせて乾かしていました。

Sonyα7RIII+SEL200600G、ISO1000、600mm、f/10、1/250s、トリミング

さて胸のネクタイがしっかり見えるシジュウカラさんですがオスメスどちらでしょうか!?太いと雄、細いとメスだそうですが…。太いような細いような…。はてどっち?

Sonyα7RIII+SEL200600G、ISO800、600mm、f/10、1/250s、トリミング

解像感を見るために拡大トリミングしてみました。ツグミのところに書きましたけどツグミはこんな感じで羽毛の1本1本がしっかり描画されるような感じにならないんですよね…。

※ツグミに比べると、採餌中のシジュウカラにはかなり近づけるという距離の違いも大きいかもしれませんね。


つぎはヤマガラです。

Sonyα7RIII+SEL200600G、ISO500、600mm、f/9.0、1/250s、トリミング

シジュウカラといつも一緒に見かけるヤマガラです。同じシジュウカラ科ということで仲良しなんでしょうか。

Sonyα7RIII+SEL200600G、ISO500、600mm、f/9.0、1/250s、トリミング

後ろ姿が可愛い?ヤマガラちゃん。こう見ると目が結構出目金タイプ?前にも書きましたが足を見るかぎりもう恐竜ですね。

※もし体長13mのヤマガラが居たら人間なんてすぐにエサですな。

Sonyα7RIII+SEL200600G、ISO500、600mm、f/9.0、1/250s、トリミング

ヤマガラもドアップにトリミングしてみました。羽毛感がしっかりでていますね。お腹部分はちょっとピントから外れてる感じですが。

ちなみにトリミング前の写真がこちらになります。かなりトリミングしていることが分かるかと思いますが、それでもこの解像感なのでSEL200600Gの画質の良さとα7RIIIの高画素が生きてくる感じですね。凄く重いけど。撮影には気合がいるけど。

※この結果がなければ軽量セットに戻ってたなぁ。


最後はアオジです。

Sonyα7RIII+SEL200600G、ISO800、600mm、f/8.0、1/250s、トリミング

こっちを見ているアオジさん。地面で一生懸命採餌中だったのをこっそり撮影していましたがバレてしまいましたか…。

Sonyα7RIII+SEL200600G、ISO1000、600mm、f/8.0、1/250s、トリミング

食べているものをトリミングでアップにしてみました。何かの木の実とかだったりするのでしょうか。すぐに飲み込むわけではなく嘴でコロコロ転がしながら食べているような印象でした。木の実の殻を割っていたのかな?

Sonyα7RIII+SEL200600G、ISO800、600mm、f/8.0、1/250s、トリミング

顔をドアップトリミングしてみました。羽毛の感じがしっかり出ていますね。いつも地面に居るアオジさんなんで背景がかなりごちゃごちゃしがちです。でもこんな感じでアップにすると邪魔な背景が整理されていいかなと思ったりしました。

以上になります。

今回は天気はあいにくの曇りで光も弱かったんですが、影が出ない分野鳥の撮影に結構向いているのかも?と気づいた1日でした。

散策地 山田池公園 | 大阪府枚方市 府営公園(公式HP)
撮影機材(野鳥) ソニー ミラーレス一眼 α7RM3 ILCE-7RM3(公式HP) ソニー 超望遠ズームレンズ FE 200-600mm F5.6-6.3 OSS SEL200600G(公式HP)

8回の閲覧

最新記事

すべて表示