• @kmkstudio / かみき

スーパームーン(2020年4月8日)

Sonyα6400SEL200600Gで撮影した月の紹介です。

Sonyα6400+SEL200600G、ISO100、600mm、f/10、1/125s、トリミング 2020年最大の月、スーパームーンと言われるものです。夜明け前の3時ごろに目が覚めてそういえば!と思い立ち、アパートの2階階段から西の空に傾きかけた月を手持ちで撮影してみました。 ※結局そのまま目が覚めたまま起きてしまって、この日の仕事は寝不足でやばかった…。


APSC機であるα6400と望遠端600mmであるSEL200600Gで撮影していますので、焦点距離35mm換算900mmとなります。露出をマニュアル設定して手持ちの連射で撮影しました。 この写真については、編集時にトリミングとシャープネスをそこそこかけています。


望遠鏡ではないですが、月が綺麗に撮影できて満足です。満月ですと実はのっぺりとした印象の月になりがちですので、今後は半月とか三日月も撮影してみたいなと思いました。


Sonyα6400+SEL200600G、ISO100、600mm、f/10、1/125s、トリミング

こちらは、先ほどの写真のトリミングなしの写真です。焦点距離35mm換算900mmですとこんな感じの大きさに撮影できるというイメージです。焦点距離900mmでも結構大きく撮影できている印象ですね。


満月は非常に明るいので、露出設定を自動でやるとほぼ白トビした真っ白な写真になりがちです。ですのでマニュアル露出で白トビしないように調整して撮影するのが基本になります。最近のデジカメですと月モードとかあるようですので、それを使えば自然と綺麗に撮影できるんでしょうね。


Sonyα6400+SEL200600G、ISO100、600mm、f/10、1/160s、トリミング

こちらは、α6400などのソニー製デジカメに搭載されている超解像2倍ズームを使って撮影した写真です。焦点距離35mm換算1800mmということになるでしょうか。2倍大きく写せるうえに画質劣化がトリミングなどによるデジタルズームよりも低く抑えられますので、こういう撮影には便利に使えますね。 ※野鳥撮影では個人的には微妙に感じていますが…。

以上になります。

野鳥日記などけっこう大掛かりなブログ日記ですと、更新も大変で週1回とかになりがちですので、今後はこういう普段のふとした写真なども公開していけたらなと思っています。

撮影地 自宅アパートの2階階段付近
撮影機材 ソニー ミラーレス一眼 α6400(公式HP) ソニー 超望遠ズームレンズ FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS SEL200600G(公式HP)

21回の閲覧

最新記事

すべて表示